トピックス

 
   

平成29年度補正予算 「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業」の 最新情報〔速報〕  平成30年1月30日

 
 
   

予算総額1,000億円 補助予定者1万社 公募開始2月予定
 ⇒ものづくり補助金の概要が、事務局の公募資料から判明しました。
  速報としてお知らせします。

補助金の種類

◆ 企業間データ活用型

補助上限 : 1,000万円(下限100万円)採択率3分の2
対象 : 機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費、クラウド利用費

◆ 一般型

補助上限 : 1,000万円(下限100万円)採択率2分の1
対象 : 機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費、クラウド利用費

◆ 小規模型

補助上限 : 500万円(下限100円) 採択率 小規模事業者3分の2、その他3分の1
対象 : 機械装置費、技術導入費、外注加工費、委託費、知的財産権等関連、経費、運搬費、専門家経費、クラウド利用費
*特記:必要な専門家を活用する場合 補助上限を30万円アップ

注:①補助上限1,000万円、採択率2分の1とは、例えば、機械装置2,000万円の内、1/2の1,000万円が国から補助金として支払われるということです。
  ②補助上限500万円、採択率3分の2とは、例えば、外注加工費750万円の内、2 /3の500万円が国から補助金として支払われるということです。

■どのような事業が対象か

◆ 補助金は付加価値や生産性を上げることに取組む費用に対して支給されます。
 単に設備を買換えるだけでは採択は難しく、計画書の良し悪しの勝負です。

◆ 補助金獲得には専門家との検討が一番です。

補助金の「無料相談」をご希望の経営者様は、顧問の会計事務所にお申込みください。

詳細情報

「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業」の補助要件等について(PDF)

ページ上部へ戻る